箱型擁壁工法 施工手順
10/46

8注意:最下段擁壁位置は箱体下端つま先です。箱体据付け用丁張は天端位置前面になりますので注意して下さい。6. 丁張について大型ブロック積擁壁の丁張りは、ブロック面を通した勾配位置に掛けますが、箱型擁壁は箱体前面壁が垂直になっているため、天端の位置と下端の勾配位置が違います。最下段位置を出す際に注意が必要です。400mm延長側端部の寸法基礎巾テンサー厚さ大型ブロックつま先位置丁張勾配箱型つま先位置丁張250mm250mm勾配3分4分5分6分箱型つま先位置丁張勾配5分5分5分5分400mm延長側端部の寸法基礎巾テンサー厚さ大型ブロックつま先位置丁張勾配箱型つま先位置丁張250mm250mm250mm勾配3分4分5分6分箱型つま先位置丁張勾配5分5分5分5分

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です