箱型擁壁工法 施工手順
17/46

15S-40前後とは、単粒度砕石3号の前後という意味で2号3号4号を示します。12. 単粒度砕石の重量百分率の現場ふるい分け試験単粒度砕石フルイを通るものの重量百分率(%)フルイの呼び名(mm)JIS規格A5001-1995※注意:コンクリート砕石を使用しない呼び名粒度範囲(mm)100806050403025201352.51.2S-80(1号)S-60(2号)S-40(3号)S-30(4号)S-20(5号)S-13(6号)S-5(7号)80~600~1585~10080~1000~1585~1000~1585~1000~1585~1000~150~2585~1000~1585~100100ーーーーーー100ーーーーー  ーーーーーーー100ーーーーー  100ーーーーー  ーーーーーーー100ーーーーー  100ーーーーー  100ーーーーー  ーーーーーー ーーーーーー080~4040~3030~2020~1313~55~2.5

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です