箱型擁壁工法 施工手順
25/46

2319. 端部処理1注意:コーナー部は壁体材の代用として生コンクリートを流し込み充填を行います。注意:下まで生コンを入れると砕石同士の噛み合わせがなくなるので注意して下さい。注意:上部20㎝に砕石を入れるのは、上段箱体との噛み合わせを確保するためです。注意:コーナー部にも必ずネトロンシートを入れて下さい。注意:端部コンクリート:箱体の中に生コンクリートを入れる場合、必ず先に砕石を所定の高さまで入れてからコンクリートを投入して下さい。その場合、形を整えるのにコンパネなどを使用してコンクリートを留めて下さい。コンパネはそのままにして下さい。端部砕石投入1端部コンクリート投入前ネトロンシート取付図ネトロンシート通り良し!コーナー部コンパネ単粒度砕石充填コンクリート充填CBA

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です