箱型擁壁工法 施工手順
27/46

2521. 複数年に亘る工事で端部を仮止めする場合注意:土嚢のうの中詰め材は、必ず単粒度砕石を使用して、中身を7分目程度入れて、土嚢と土嚢の間に隙間を作らないようにして下さい。一次施工完了一次施工完了

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です