箱型擁壁工法 施工手順
29/46

2723. 壁体材(中詰め・裏込め材)投入管理:砕石会社より使用砕石の試験表。(道路用砕石:重量百分率表)注意:仮設型枠を設置してある場合:中詰め材を先に投入して箱体を安定させてから、背面の基礎型枠の撤去を行い、その後に裏込め材の投入を行って下さい。注意:壁体材は層状にランマ―で転圧締固めを行います。1回の締固め厚さは250㎜程度とします。道路用砕石:S-40 前後の確認壁体材投入壁体材投入

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です