箱型擁壁工法 施工手順
3/46

11.箱型擁壁の施工手順準備工床堀工暗渠管流末確保基礎工背面盛土材土質定数確認製品の運搬と仮置き15段以上の場合、箱体の確認(※AT)盛土敷切・転圧締固め据付け工壁体材の締固め工端部地山部分・天端部分排水処理工植生工転落防止柵工防護柵工舗装工後片付け※湧水がある場合は注意※ATとは15段以上の場合下段に使用する箱体※土質定数の確認を必ず行う盛土の場合

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です