箱型擁壁工法 施工手順
32/46

3026. 遮水コンクリート:背面土から湧水があり、暗渠管では十分に排水が出来ない場合遮水コンクリートの設置要領200mm以上150mm箱体中央部の遮水コンクリート遮水コンクリート(厚さ10~15cm程度)テンサーSS1水抜き用孔250コンクリート単粒度砕石200mm以上遮水コンクリート上段箱体下端吸出し防止材正面図拡大箱体の水抜き孔6250200mm以上150mm箱体中央部の遮水コンクリート遮水コンクリート(厚さ10~15cm程度)テンサーSS1水抜き用孔250コンクリート単粒度砕石200mm以上遮水コンクリート上段箱体下端吸出し防止材注意:必ず、設計・施工マニュアルに従い、箱体のスリット(水抜き孔)下端を遮水コンクリートの天端になるようにして下さい。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です