箱型擁壁工法 施工手順
33/46

3127. 盛土材の強度がないためセメント系固化材により改良した例:設計の土質定数が得られない場合の対処例セメント改良(発生土仮置き場)盛土材セメント改良(発生土仮置き場)水平排水材背面改良土転圧敷均し強度の弱い土(含水比が高く腐食土なども含む)に水が入るとゼリー状になり支持力を失います。ランマーやハンドガイドローラーで締固めを行わず、バックホーのバケット部分で締固めを行った場合は、このような状況が起こります。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です