箱型擁壁工法 施工手順
36/46

3429. 3段目施工より転落防止の対策足場金物1転落防止用手摺は、壁体材を中ほどまで転圧後に設置を行い、砕石充填後単管を抜いて順に設置します。引き抜き後は、穴に砕石を補充して締固めます。ジョイントクランプ単管L=1.5M100cm50cmジョイントクランプ単管L=1.5M100cm50cmンプ100cm50cm

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です