箱型擁壁工法 施工手順
6/46

43. 箱型擁壁工法の施工に必要な道具赤字はメーカー貸与です。(バックホー、クレーン等は現場の状況に応じて決定して下さい)④古タイヤ(普通車以上又は角材) 箱体反転用に使用します。(タイヤや端太角等を反転する際に使用して、箱体が傷まないようにします)②吊り金具(メーカー貸与)(小運搬用に使用する場合は、別途1セット必要です)専用の指定吊り金具③端太角(10㎝角×1.5m程度)5本程度(反転用と高さ調整に天端をバックホーで押さえるクッション材として使用します)⑥結束線・ガムテープ  (箱体目地材のネトロンシートを箱体に止めるのに使用、結束線は雨などの場合に使用します)①カナテコバール25mm×1.5m 3本(据付け時に位置調整に使用、短い平バールでは作業効率が非常に落ちます。⑤ワイヤー及びシャックルワイヤー13㎜×2m 2本(小運搬用は別途に必要です)シャックルは2個

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です