箱型擁壁工法 施工手順
9/46

7 φ C γ kh根拠 :(箱型擁壁協会会員:設計担当者記入)調査日     年    月    日基礎支持力等の調査確認後の数値   φ   C    γ背面盛土   φ   C    γ              調査会社判断5. 工事着手前に支持地盤と盛土の土質定数の確認を行って下さい※設計で用いた条件と現場調査を行った数値について、確認をしていただいてから施工に着手して下さい。設計で用いた土質定数確 認試験方法:標準貫入試験、三軸圧縮試験、平板載荷試験、サウンディング確認方法試験方法:土の湿潤密度試験、含水比試験

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です